どんな本が高く売れる??


既存のチェーン展開している店舗型の古本屋では実現できない高価買取を行わせて頂きます。

古本買取価格査定net-書籍買取専門- > どんな本が高く売れる??



**ご注意**
本ページで紹介している“高く売れる本”というのは当店のように市場価格に基づいて査定をする店舗で売却する場合のものです。ブックオフさんに代表される新古書店では本ページで紹介しているケースに当てはまるものであっても高価買取の基準に当てはまる訳ではありません。




ブックオフさんなどのような新古書店で高く売れる本(査定の基準)は「ブックオフの査定基準」で紹介をしました。


さて、それでは当店のような商品の価値に基準を置いて査定をするお店で高く売れる本。つまり、市場価値の高い古本とはどのようなものなのでしょうか?


ただし、高く売れると一口にいっても色々なケースがあると思います。

例えば、定価1000円の本が300円程度で売れれば高いというケース。これはプレミア的な高価買取という意味ではないですが、ブックオフさんでは余程綺麗でない限り、買取価格は10〜50円程度ですからそれに比べれば高いという意味になります。


上記とは違う意味では定価1000円の本が2000円で売れるというケース。これはもうその本自体にプレミア的な価値が出ているようなケースです。


このページでは上記のようなケースを分けて説明していきます。



定価を下回るがある程度高価で売れる古本


高く売れる本にどのようなものがあるか見ていきましょう。


@発売間もない本
A根強い人気があって市場への供給量が十分でない本



簡単ですが、以上のような場合です。


まず、@のように発売間もない本については定価の3〜4割程度での買取が可能な場合が多いです。
*あくまでも当店での買取価格例です。


続いてAのような本ですが、最近では「7つの習慣―成功には原則があった!」「金持父さんシリーズ」「ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する」などが代表的な例でしょうか。
*「金持父さんシリーズ」の一作目については最近は少し査定も落ち気味で70円程度の査定額となっています。(’10年5月現在)


また、Aについては“根強い人気がある”というところがポイントです。いくら人気があっても一時的な人気しかないものはあっという間に市場価格は下がってしまいます。


漫画、コミックについてはどうしても供給量がとても多いため市場でも在庫過多になり、高価買取というのは難しくなります。しかし、漫画・コミックについては全巻セット(又は一部セット)で査定を頂ければある程度の査定が可能となります。



定価を上回る(又は近い)プレミア価格で売れる古本


これははっきり言ってしまえばなかなかありません。

それでも稀に定価を上回るような価格で買取が可能になるような本もあったりします。それは次のようなものです。


@絶版になっている本
A上記にプラスして欲しい人が多くいること



以上ですが、こうしてみると当たり前すぎる感じですね(笑)

とはいえ、重要なのは@だけでもダメですし、Aだけの要件が整っていてもダメということです。

つまり、絶版になっていて更に需要があることが必要なんです。


まず、絶版になっている本なんていうのは本当にたくさんあります。

そして、絶版になっていない本が定価を超える価格で売買されることはありません。
*一時的な価格高騰によって絶版になっていない本の価格が定価を超えることは稀にあります。



なお、一時的に買取価格が急騰する場合もあります ⇒ 本の買取価格が急騰するときとは?



↓↓↓読み終わった古本の買取はぜひ当店へ!!↓↓↓

古本事前査定買取
*こちらでは1冊から買取り対応可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。

古本簡単買取
*こちらでは50冊以上から買取り対応可能です。古本をお客様に発送頂き、当店に到着後に査定結果を通知いたします。