古書店と新古書店は違う!?


既存のチェーン展開している店舗型の古本屋では実現できない高価買取を行わせて頂きます。

古本買取価格査定net-書籍買取専門- > 古書店と新古書店の違い?



古書店と新古書店の違い?

古書店も新古書店、古本を売るお店であるという点では同じです。

また、実際にも明確な違いがあるというわけではありませんが、古書店はお店の主人(店長)の鑑定眼によって本に値段が付けられており古い本でも扱っていることが特徴です。

それに対して、新古書店というのは比較的新し目の本を扱っており、本の価値についてもマニュアルに沿って買値と売値が決められていきます。

このような新古書店の代表格が言わずと知れたブックオフとなります。

古書店は個人経営の店が多く、新古書店の台頭に伴って閉店するお店も多くなっています。

古い古書が好きという人にとっては残念なことですが、比較的綺麗な古本を手に入れることが容易になってきたという意味では新古書店の果たした役割も大きいといえるでしょう。




↓↓↓読み終わった古本の買取はぜひ当店へ!!↓↓↓

古本事前査定買取
*こちらでは1冊から買取り対応可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。

古本簡単買取
*こちらでは50冊以上から買取り対応可能です。古本をお客様に発送頂き、当店に到着後に査定結果を通知いたします。