古本売買は著作権法に違反しない?


既存のチェーン展開している店舗型の古本屋では実現できない高価買取を行わせて頂きます。

古本買取価格査定net-書籍買取専門- > 古本売買は著作権法に違反しない?



結論から言えば古本の売買は著作権法に違反するような行為ではありません。

ただ、書籍の著作権者(著者)や出版社からすると、古本がいくら売れても一銭のお金も入ってこないことになります。そのため、著作権者(著者)や出版社からすると古本を売買する古本屋というのは目の敵にされることはあります。

古本の売買をする当店の立場としては、新刊で本を買って、その本を売って、売ったお金で新刊を買うというサイクルが出来上がるのが理想かなと考えています。

とはいえ、古本で買って、その本を売って、売ったお金で古本を買うというケースもあるわけなので簡単に解決できる問題ではないのですが、購入したとしても売る先(処分先)が無い商品というのは購入し辛いという面もあるかと思いますので、新刊本に対して悪影響を与える面だけではなく好影響を与える面があるという事にも注目して頂けたら嬉しいなと思います。





↓↓↓読み終わった古本の買取はぜひ当店へ!!↓↓↓

古本事前査定買取
*こちらでは1冊から買取り対応可能です。簡単入力で事前に古本の買取額を通知いたします。

古本簡単買取
*こちらでは50冊以上から買取り対応可能です。古本をお客様に発送頂き、当店に到着後に査定結果を通知いたします。